春は新緑と桜、秋は紅葉の美しい所です

伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎は伊賀市立の美術館施設です。ここに住んだ水墨画家 故穐月明が建てた展示室と茶室が伊賀市に寄贈され設立されました。集めた古美術や残された作品も寄贈され常設展で展示されます。
建物も庭園も明の美意識で造られた美しい空間です。
青山讃頌舎は近鉄青山町駅より徒歩15分、地震除災の神様としても名高い大村神社と桜山公園に隣接した森に囲まれた木洩れ日の中の美術館です。

展示室中庭
茶室の紅葉

阿保の街を見下ろす桜山公園の桜

伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎 秋の通常展

「西国三十三所の寺と仏」

新たに入手した穐月 明の西国三十三所作品二十点と新収蔵品を公開
「谷本景の軌跡―The trajectory of Kei Tanimoto―」

[

「西国三十三所の寺と仏」
令和4年 10/21㊎~12/25㊐
10:00~16:30(入館は16:00)
火曜日休館

・伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎
〒518 -0221 三重県伊賀市 別府 718 -3
・観覧料 一般 300 円 高校生以下無料

西国三十三所と新収蔵品
新たに入手した穐月 明の西国三十三所作品二十点と新収蔵品を公開
穐月 明は五十代後半より西国三十三所と番外札所・霊場の寺と仏像を描き始めます。自身で一つ一つの寺を回りスケッチをし資料や写真を撮り作成しました。この度これらの作品のうち二十点を入手、残されていた取材時のスケッチとともに公開いたします。寺院の空気感まで伝わる作品に参拝の人々が生き生きと描かれているのも見所です。
また、同時に新たに寄贈いただきました穐月作品も公開いたします。この中には美大時代に描いた油絵や、水墨画を始めた最も初期の作品も含まれます。水墨画家 穐月明を理解する上で大変貴重な作品です。

▶ワークショップ・「秋の木の実をいただく」 
*アケビ、椎の実、ムカゴなどを調理していただきます。
日 時  10/22㊏ 10:00(ミュージアム受付集合)〜14時頃終了
定 員 10名  参加費 500円(食材費等) ◎要予約
指 導 東洋文化資料館 靑山讃頌舎 スタッフ
持ち物 軍手等作業用手袋(大村神社にてバーベキュー)

▶ 現地案内「常福寺を訪ねる」
*日本最古の庭園遺跡として知られる城之越遺跡を見学後、常福寺を訪問、重文 五大明王拝観と西国三十三所・四国八十八箇所の石仏を巡るウォーキングツアーです。
場 所 城之越遺跡(伊賀鉄道比土駅より8分)〜常福寺
日 時  11/6㊐  13:00城之越遺跡集合〜終了16:30
定 員 10名  参加費 1000円(拝観料等) ◎要予約
案 内 学芸員 穐月大介、靑山讃頌舎 スタッフ

▶ 呈茶「紅葉の茶室でお茶をいただく」 
*ミュージアム付属の茶室「聴樹庵」の庭はいろは紅葉が毎年美しく紅葉します。紅葉の下で抹茶とお菓子をお召し上がりください。
日 時  11/12㊏・13㊐・19㊏・20㊐
    ①10:00、②11:00、③13:00、④14:00
定 員 各回12名 呈茶代 400円 ◎要予約

▶学芸員によるギャラリートーク 
*残された画家のスケッチブックから。解説 学芸員 穐月大介
日 時 12/4㊐・11㊐ 13:30〜 ◎先着20名 無料

【申込受付/お問合せ】 10/8㊏10:00より受付開始

伊賀市公式ミュージアムページ⤵
伊賀市文化都市協会ミュージアムページ⤵