春は新緑と桜、秋は紅葉の美しい所です

伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎は伊賀市立の美術館施設です。ここに住んだ水墨画家 故穐月明が建てた展示室と茶室が伊賀市に寄贈され設立されました。集めた古美術や残された作品も寄贈され常設展で展示されます。
建物も庭園も明の美意識で造られた美しい空間です。
青山讃頌舎は近鉄青山町駅より徒歩15分、地震除災の神様としても名高い大村神社と桜山公園に隣接した森に囲まれた木洩れ日の中の美術館です。

展示室中庭
茶室の紅葉

阿保の街を見下ろす桜山公園の桜

伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎 秋の特別展

「谷本景の軌跡―The trajectory of Kei Tanimoto―」

「谷本景の軌跡―The trajectory of Kei Tanimoto―」

2022年9月2日(金)~10月10日(月)
10:00~16:30(入館は16:00)
火曜日休館

・伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎
〒518 -0221 三重県伊賀市 別府 718 -3
・観覧料 一般 300 円 高校生以下無料
銅版画から伊賀焼へ
半世紀前、家業の陶芸よりも平面の作品に魅かれて単身パリへ。
銅版画に出会い、その面白さに没頭した。思いがけず陶器を教える機会を得て故郷の伊賀焼の魅力を再発見。帰郷して三田窯を継承し現在に至る。
70年代から今日までの銅版画、墨のドローイング、シルクスクリーン、ペインティング、陶器など景の半世紀50点余を一堂に。
景はどこに向かって行くのか。未だ見ぬ物をめざし、、、
御高覧下さい。
      伊賀三田窯 谷本景。

■GALLERY TALK「谷本景の軌跡」
9月10日㊏ ・9月24日㊏

➀11:00~ ②14:00~ 各回15名(予約制)

■谷本景の茶盌で「茶」を嗜む 
9月11日㊐・9月25日㊐・10月9日㊐

➀10:00~ ②11:00~ ③13:00~ ④14:00~ 
各回4名(予約制) 呈茶代400円
[お申込み受付]8月7日㊐午前10時から電話0595-52-1109で先着順に受付

伊賀市公式ミュージアムページ⤵
伊賀市文化都市協会ミュージアムページ⤵